催眠心理療法とは

催眠と言うと非常にうさんくさい怪しげなイメージもあるようですが、
超自然的なことでも不思議なことでもなく、ごく一般的な現象です。
催眠心理療法は1950年代に英国医師会が有効性を認め
米国医師会や米国歯科医師会、アメリカ心理学会も有効性を認めている歴史のある療法です。

具体的には
催眠現象を適切に施すことにより、クライエントが自分の内面世界に没頭し、想像力を増幅します。
日常生活で追われる外の現実しか見えなくなっているクライエントに、想像力によって内面を体験させることにより
リラックス効果や心の安定が得られると言われています。
認知行動療法と合わせて行われることで、より効果的になると言う報告もあります。

・催眠心理療法を取り入れているカウンセラーの一覧

 

関連記事

  1. CBT(認知行動療法)とは

  2. グループセラピー(集団療法)とは

  3. 箱庭療法とは

  4. 来談者中心療法とは

  5. EMDRとは