来談者中心療法とは

現在日本で最も一般的なカウンセリング手法と言える「来談者中心療法(クライエント中心療法)」は、
1940年代に米国の臨床心理学者カール・ロジャースが創始しました。
「非指示的療法」「パーソンセンタード・アプローチ」とも言われます。

この療法は、
カウンセラーがクライエント(クライアント=カウンセリングを受ける人)のお話によく耳を傾け、
共感し、肯定的な理解をしながらクライエント自らの気づきや成長に力を貸す。
というものです。

来談者中心療法を行うカウンセラーから「こうしなさい」など指示の押し付けが出ることはほぼありません
なぜなら
「人間には本来自然な成長能力があり、自然に問題解決をする能力がある。クライエントのその力を信じる」
という考えにもとづいた療法だからです。

来談者中心療法によるカウンセリングとは、
対話のみを1回1時間程度行い、継続して対話を重ねクライエントの成長を見守る手法のことです。

 

・来談者中心療法を取り入れているカウンセラーの一覧

 

関連記事

  1. EMDRとは

  2. 箱庭療法とは

  3. CBT(認知行動療法)とは

  4. グループセラピー(集団療法)とは

  5. 催眠心理療法とは