EMDRとは

EMDRとは「眼球運動による脱感作と再処理法(Eye Movement Desensitization and Reprocessing)」の略語です。

1989年にアメリカの臨床心理士F・シャピロが発表したこの療法は、
世界各国のPTSD(心的外傷後ストレス障害)治療ガイドラインに
「実証された最も効果がある心理療法」として載せられています。

具体的には
トラウマになっている記憶映像やネガティブな自己評価、またそれらと置き換えるポジティブな自己評価などを意識しながら
リズミカルに眼球を動かす運動の指導を行います。
ネガティブな記憶などがポジティブな記憶と置き換わることでトラウマを克服することを狙った療法です。
クライアントの負担が比較的少なく、即効性があり、有効性も確認されている心理療法です。

・EMDRを取り入れているカウンセラーの一覧

 

関連記事

  1. グループセラピー(集団療法)とは

  2. 催眠心理療法とは

  3. CBT(認知行動療法)とは

  4. 箱庭療法とは

  5. 来談者中心療法とは