CBT(認知行動療法)とは

認知行動療法(CBT)非常に有効性の高い心理療法で、
うつや不安などに対して、抗うつ剤による治療と同等の効果があることが多くの報告で確認されています。
また、再発予防の効果が高いことも知られています。

この療法は、
クライエントが抱えている問題を面談を重ね理解した上で、
具体的な問題解決というゴールに向かってさまざまな技法を用いる療法です。
薬と同等の効果はありますが即効性がある療法ではありませんので、焦らずに取り組む必要があります。

具体的には
悪い方にかたよった認識をしている考え方をクライエント自らが修正できるような提案をします。
面談を重ね、学習と実践を行いながらクライエントがカウンセラーと共にゴールに向かって共同作業をする療法です。

・CBT(認知行動療法)を取り入れているカウンセラーの一覧

 

関連記事

  1. EMDRとは

  2. 催眠心理療法とは

  3. グループセラピー(集団療法)とは

  4. 来談者中心療法とは

  5. 箱庭療法とは